当サイトはプロモーションを含みます

水仙(スイセン)の種類 日本水仙、黄房水仙、八重咲き水仙など

植物

冬の冷たい風が春の暖かな息吹に変わる時、さまざまな房咲き水仙が我々を鮮やかな色彩で迎えてくれます。特に人々に愛されているのは、日本独自の「日本水仙」。この花は、我々の生活圏内のあらゆる場所、例えば庭や公園、そして街の隅々にまでその美しい姿を見せてくれます。中でも、「黄色い水仙」はその眩しい黄色で多くの人々の目を引きます。さらに「八重咲きの日本水仙」は、そのボリューム感と独特の形で注目を集める存在です。また、「ペーパーホワイト」の潔白な美しさや、「グランドモナーク」の花びらのユニークな形状も魅力的です。

日本水仙の多様性 – 黄色、八重咲き、そして白い花々

水仙は、その原産地をヨーロッパ南部や地中海沿岸に持つ、寒さに強い多年生植物です。この植物は、冬から春にかけて特徴的な下向きのラッパ型の花を咲かせ、それらは清らかな香りを放ちます。

日本水仙:この水仙は日本で長年愛されてきた房咲き種です。その魅力は、自然な形と優雅な色合いにあります。

黄房水仙:この種類の水仙は、鮮やかな黄色の花びらが特徴です。春の日差しを浴びて輝くその姿は、見る人の心を明るくします。

八重咲きの日本水仙:この品種は、花の中心部が豪華な八重の構造を持っており、その独特の美しさが鑑賞者を魅了します。

房咲きの水仙とは、1本の茎から多くの花が束になって咲く特性を持つ水仙のことを指します。この特性は、花をより豊かに、また華やかに見せる効果があります。

水仙はただの春の使者ではなく、その種類ごとに独自の物語と魅力を持っています。日本水仙や黄色い水仙、八重咲きの水仙など、それぞれが春の訪れを色鮮やかに彩り、我々の心を和ませてくれます。

日本水仙の魅了と背景に秘められた物語

「日本水仙」は冬の末から春の訪れを告げるかのように、細い葉の間からその花茎を伸ばし、白と黄色のコントラストが際立つ花を咲かせます。この名称に「日本」と入っているものの、実際には日本が原産地ではなく、過去に日本に定着し野生化したことに由来しています。また、「水仙」という名前は中国の古典に基づく命名で、「天にいる者を天仙、地にいる者を地仙、水にいる者を水仙」という分類から来ています。

学名はNarcissus tazetta var. chinensis、別名で「日本寒水仙」や「寒咲き日本水仙」とも呼ばれています。主に12月から3月に花開き、植物の高さは30~50cm、花径は約3cm。花言葉では「うぬぼれ」「自己愛」「報われない恋」などの意味が込められています。

日本水仙の美しさは、白い花びらと中心の黄色い副花冠にあります。花は6枚の花びらを持ち、外側3枚が萼、内側3枚が花弁で、雌蕊は1本、雄蕊は6本あります。

この花は、その香りで春の兆しを伝える「瑞兆花」とも呼ばれます。水仙畑は清々しい香りに満たされています。

created by Rinker
¥2,030 (2024/07/12 20:35:09時点 楽天市場調べ-詳細)

黄房水仙のユニークな魅力

「黄房水仙」は、日本水仙に似ているものの、その色合いによって独特の魅力を放っています。別名「グランドソレドール」としても知られ、大正時代に日本へと渡来しました。花びらは鮮やかな黄色、副花冠はさらに濃いオレンジを帯びた黄色で、日本水仙と比べると少し後に花の見頃を迎えます。

学名はNarcissus tazetta odoruで、1月から4月が開花期。植物の高さは20~45cm、花径は2.5~4cmになります。花言葉には「私のもとへ帰って」「愛に応えて」「騎士道精神」というロマンティックなメッセージが込められています。

これらの水仙はその愛らしい姿で多くの人々を魅了し続けていますが、類似した品種に「キズイセン」があり、その細い葉で区別されます。

created by Rinker
¥330 (2024/07/12 20:35:09時点 楽天市場調べ-詳細)

八重咲き日本水仙の魅力

日本に自生する多種多様な水仙の中でも、ひときわ目立つのが八重咲きの日本水仙です。通常の日本水仙が咲く時期に花を開き、その八重の花形が特徴的であり、見る者を魅了します。この品種の興味深い点は、通常の花びらとは異なり、副花冠の部分が複雑に重なって豊かに開花するところにあります。また、雄しべも花びらのように見える変化を遂げています。

この水仙の学名はNarcissus tazetta L. ‘Plenus’で、「八重房日本水仙」としても知られています。花の開花期は12月から4月にかけてで、植物の高さは約20~45cm、花径は3~4cmとなります。

その外見は重々しさを感じさせる一方で、独特な形状が愛らしさを引き立て、見る人の心を掴みます。ふくよかな花姿は特に印象的で、その美しさに魅了される人は多いです。

白く清楚な「ペーパーホワイト」

「ペーパーホワイト」という名の水仙は、白い房咲きの品種で、日本水仙が開花する時期に美しい白花を咲かせます。「シロバナスイセン」とも呼ばれるこの水仙は、その純白の副花冠も含めた全体の美しさが際立っています。花の大きさはやや小さめで、平安時代には薬用植物として日本に伝わったとされています。

学名はNarcissus papyraceusで、別名に「シロバナスイセン」や「フサザキスイセン」があります。開花期は12月から2月までで、植物の高さは20~40cm、花径は約3cmです。この水仙は「希望」「尊重」「神秘」といった意味を持つ花言葉が与えられています。

園芸愛好家に愛される「グランドモナーク」

細く尖った花びらが特徴的な「グランドモナーク」は、他の水仙と一線を画する園芸品種です。クリーム色の花びらとやさしい黄色の副花冠が、この品種独自の美しさを演出します。オランダで育成された後、世界各地で愛されるようになりました。

学名はNarcissus tazetta cv. Grandmonarqueで、「フサザキスイセン」とも呼ばれています。開花期は1月から4月にかけてで、植物の高さは20~40cm、花径は3~4cmです。「思い出」「記念」といった花言葉があり、特別な時を象徴する花として親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました