当サイトはプロモーションを含みます

青・紫のセージ: アメジストセージ、ブルーサルビア、ラベンダーセージの世界

植物

青から紫の色合いで彩られたセージたちは、見る人に心地よい清涼感をもたらします。「アメジストセージ」、「ブルーサルビア」、「ラベンダーセージ」といった種類は、外見は似ていますが、各々が持つ魅力が異なります。これらを比較することで、その楽しい違いに気づくことができます。

紫が織りなす魅力: アメジストセージ、ブルーサルビア、ラベンダーセージを知る

・アメジストセージ: ビロードのような花が特徴で、茂り盛るタイプです。
・ブルーサルビア: 青紫の美しい花を持ち、その色彩が際立つ種類です。
・ラベンダーセージ: 濃紫の花が長期間楽しめる、見事な品種です。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の魅力

「アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)」は、メキシコや中央アメリカが原産のシソ科サルビア属の多年草です。この植物は「メキシカンブッシュセージ」や「ベルベットセージ」とも呼ばれ、風になびく紫色の花が印象的です。晩夏から秋にかけて花穂を縦に連ねて咲かせる様子、ビロードのような花の質感が特徴で、名前の由来となっています。白やピンクの花を咲かせる品種もあります。サルビア属の中でも特に大きく育つ品種です。

学名: Salvia leucantha
科・属名: シソ科・サルビア属
別名: メキシカンブッシュセージ、メキシカンセージ、ベルベットセージ
原産地: メキシコ、中央アメリカ
花色: 紫、白、ピンク
草丈: 60cm~150cm
花期: 8月下旬~11月中旬
花言葉: 「家族愛」「家庭的」

花序は長さ15~30cmほどに及び、茎の上部や枝先に穂状に唇形の花をたくさん咲かせます。シソ科の花である唇形の花と、赤紫色でふわふわした萼がこの植物の特徴です。萼から伸びる花は、雄しべ5つと雌しべ1つで構成され、花は下から順に開花します。

葉は茎に対生し、細長い披針形で白っぽい毛に覆われており、皺が目立ちます。茎は60~150cmの高さまで成長し、分枝しながら豊かに茂ります。

ブルーサルビアの魅力と特徴について

「ブルーサルビア」は、主にメキシコやアメリカ合衆国南部(テキサス州、オクラホマ州)原産の、シソ科アキギリ属の植物です。元々は多年生の植物ですが、寒さに弱いため、日本では主に一年生として扱われます。夏から秋にかけての長期間、鮮やかなブルー、紫、時に白色の花を咲かせ、園芸愛好家に愛されています。親しみやすい名前としては「ケショウサルビア」や「ミーリーセージ」があり、英語圏では「メアリーセージ」としても知られています。

学名: Salvia farinacea
所属: シソ科アキギリ属
原産地: 北アメリカ/中央アメリカ
花色: 紫、青、白
植物の高さ: 25~60cm
開花期: 5月~11月
花言葉: 「尊敬」「知恵」「永遠にあなたのもの」

花穂は10~20cm程度の長さがあり、茎の頂点や葉腋から唇形の花を穂状につけます。ブルーサルビアの花は、細かな毛で覆われた上唇と、中央に白い線が入った大きな下唇を持つ二唇形をしています。

葉は細長い楕円形から卵形で、対生しています。暖かい地域では霜に強く、冬を越すことが可能です。

ラベンダーセージについて

「ラベンダーセージ」は、サルビア・ロンギスピカータとブルーサルビアの自然交配から生まれたシソ科アキギリ属の宿根草です。この植物は春から秋にかけて、長い花穂に濃い青紫色の小花をたくさん咲かせ、株立ち状に直立して成長します。花穂がラベンダーのように見えることから「ラベンダーセージ」と名付けられました。「インディゴ・スパイヤー」という学名も持っています。

学名: Salvia indigo spirer
所属: シソ科アキギリ属
原産地: ヨーロッパや中南米
花色: 青
植物の高さ: 60~150cm
開花期: 5月~10月
花言葉: 「家族愛」

花穂は約45cmに達し、黒っぽい萼の中に濃青紫色の唇形の花を輪生状に配置します。花弁が散った後も、装飾的な萼が残ります。シソ科の特徴である二唇形の花は、一つは小さな上唇、もう一つは大きな下唇で構成され、独特の非対称美を持っています。葉は対生し、尖った卵形をしています。

created by Rinker
¥528 (2024/04/13 06:44:56時点 楽天市場調べ-詳細)

サルビアとセージの違いとは

サルビアとセージは同じ植物を指すことが多く、その混同は名前の起源の違いから来ています。サルビアはラテン語でシソ科のサルビア属を意味し、一方でセージはこの植物の英語名であり、英語では賢者や聖人を意味する言葉としても使われます。つまり、サルビア(Salvia)は学術名であり、セージ(Sage)は同じ植物の英名です。

赤いサルビアの魅力

特に花壇や公園でよく見られる赤いサルビア、「サルビア・スプレンデンス」は人気の高い種類です。この植物は、その鮮やかな赤色から「緋衣草(ヒゴロモソウ)」という愛称でも呼ばれています。ただ赤色だけでなく、紫、オレンジ、白、ピンクなど多彩な色の花を楽しむことができ、晩春から晩秋までその華やかさを提供してくれます。

学名:Salvia splendens
科・属名:シソ科アキギリ属
別名:スカーレットセージ、ヒゴロモソウ
原産国:ブラジル
植物の高さ:30~50cm
開花期:5月~11月
花言葉:「燃える思い」「知恵」「家族愛」「良い家族」
タイトルとURLをコピーしました