当サイトはプロモーションを含みます

「紙に穴を開ける7つの代替方法」パンチがない時の便利な対処法をご紹介!

生活

書類整理や保管の際、2穴ファイルはよく使われますね。

でも、「穴あけパンチがどこかに行ってしまった!」という時もありますよね。

そんな時、新しいパンチをすぐに買うのも一苦労。家にあるもので代用できたら便利ですよね。

今回は、そんな時に役立つ「穴あけパンチの代替方法」をご紹介します。

パンチがないときも困らないように、これらの方法を覚えておきましょう。

この7つの方法で紙に穴を開けてみましょう!

穴あけパンチ代わりになる道具は、先が尖っているものや特定のアイテムがあります。

パンチのようにきれいに2つの穴を一気には難しいですが、ファイリングに必要な穴を開けることはできますよ。

それでは、どんなアイテムが代替になるのか見ていきましょう。

厚紙専用穿孔器

created by Rinker
ノーブランド品
¥31,104 (2024/06/19 06:15:11時点 Amazon調べ-詳細)

厚紙専用の穿孔器は、もともと厚い紙や束に穴を開ける道具です。

なかなか家庭にあるものではないと思いますが、職場にあることもあります。

穴あけパンチの代わりに使うこともできます。

針が長く太いので、普通のパンチより多くの紙を同時に穿孔でき、とても実用的です。

【準備するもの】
・バインダークリップ
・マーカー
・カッティングボードやゴムシートなどの保護用下敷き
【手順】
まず、穴を開けたい紙を下敷きに置き、バインダークリップで固定します。
穴の位置にマーカーで印をつけます。
穿孔器を印に合わせ、ゆっくり回転させながら穴を開けます。紙が破れないように注意しながら、下敷きに当たるまで回転させてください。
下まで穴が開いたら、紙を裏返して反対側からも穿孔器を使います。

ハンドドリル

厚紙用の穿孔器と同様に、尖った先端を持つハンドドリルも紙に穴を開ける際の良い代替手段になります。

その金属部分が長いことから、一度に多くの紙に穴を開けることができます。

ただし、ハンドドリルは厚紙用穿孔器よりも細いため、穴の大きさによっては何度かドリルで穿孔する必要が出てくるかもしれません。

【準備するもの】
・(必要に応じて)マーキングペン
・バインダークリップ
・カッティングボードやゴムマットなど
【手順】
まず、穴を開けたい紙や書類を用意し、バインダークリップでまとめます。ダブルクリップを使うとより安定します。
次に、マーキングペンで穴を開ける位置に印を付けます。
下敷きをしてから、その印にハンドドリルの先端を合わせ、ゆっくりと回しながら穿孔します。
穴が小さい場合は、隣にもう一つ穴を開けて徐々に大きくしていきます。
穴が十分な大きさになったら、紙の裏側からもドリルを通して均等に仕上げます。

彫刻刀

工作で使われる彫刻刀も、穴あけパンチの代わりとして役立ちます。

【必要な道具】
・ハンマー
・厚手のゴムマットや木板
・挟むファイル
【手順】
まず、ファイルに挟む紙を準備し、穴を開けたい場所に印をつけます。
その後、厚手のゴムマットや木板の上に紙を置き、クラフトナイフを垂直に立てます。
ハンマーを使ってナイフに軽く叩き、半円の切り込みを入れます。
この半円の切り込みを円になるように追加して、穴を開ければ完成です。
もし上手く開かない場合は、円形に切り込みを加えていくと良いでしょう。
特に半円形の刃先があるクラフトナイフが使いやすいですが、なければカーブのあるナイフを選んでください。

食事用の箸

普段の食事に使う箸も、工夫次第で穴あけパンチの代わりに活用できます。

しかし、箸は本来紙を切ったり穴を開ける用途で作られていないので、力加減に注意が必要です。強く押しすぎると、箸が折れたり紙が破れる恐れがあります。

【必要な道具】
・必要に応じて先が尖った道具
・マーカー
【 手順】
まず、穴を開けたい箇所にマーカーで印をつけます。
箸の先端を印に合わせ、適度な力で穴を開けます。一度に多くの紙を開けるのは難しいので、1枚か2枚ずつ開けましょう。
穴が開けにくい場合は、尖った道具で先に小さな穴を開け、その後で箸を使って穴を広げていきます。
箸の先に滑り止めの溝があるものや割り箸は使いにくいので、注意してください。

尖った鉛筆

鋭く削った鉛筆も、穴あけパンチの代わりに使うことができます。

大切なのは、鉛筆を尖らせておくことと、強く押しすぎないことです。

鉛筆での穴開けは、一度に多くの紙を処理することは難しいので、1枚ずつ行う必要があります。

【必要な道具】
・厚手で柔らかいスポンジ
・必要に応じて消しゴム
【手順】
まず、鉛筆をしっかり削って先端を尖らせます。
穴を開けたい紙をスポンジの上に置き、目印の位置に鉛筆を強く押し込みます。この時、誤って指を傷つけないように注意してください。
穴が開いたら、紙に鉛筆の跡が残らないように消しゴムできれいにします。
紙がシワになるか破れる恐れもあるため、大切な書類には使用しない方が無難です。

プラスドライバー

普段の修理作業やDIYで使うプラスドライバーも、穴あけパンチの代わりになります。

先端がわずかに尖っているので、千枚通しやキリほどではないですが、紙に穴を開けることができます。

【必要な道具】
・下敷きとして使うゴムマット(あれば)
・マーカー
【手順】
まず、マーカーで穴を開けたい箇所に印をつけます。
下敷きの上に紙を置き、プラスドライバーの先端を印に合わせて突き刺します。紙を少し持ち上げながら力を加えると良いでしょう。
穴が開けば、紙を少しずつ動かし、ドライバーの中央部分まで入れたら取り外します。もし穴が小さい場合は、より太いドライバーや箸で穴を広げることもできます。
プラスドライバーは種類が多いですが、穴を開ける際は細いタイプが適しています。

プラスドライバーで一度に多くの紙を開けるのは難しいので、3枚程度を目安にしてください。

カッター

カッターを使えば、時間をかければ穴あけパンチと同じような穴が開けられます。

カッターは紙を切るのに適しているため、切りにくい、開けにくいという心配はありません。

ただし、複数枚の紙を重ねての穴開けは難しいので、1~3枚ずつに留めておくと良いでしょう。

重ねた紙はクリップで固定してずれないようにしましょう。

【必要な道具】
ゴムマットなどの下敷き
【手順】
カッターナイフで穴を開けたい位置に小さく×印をつけた後、×印を中心に円を描くように切れば穴が開けられます。

代用品使用時の注意点と避けるべき道具

鉛筆や箸で穴が開けられるなら、尖ったボールペンやシャープペンシルでもできるのではないかと思うかもしれません。

しかし、ボールペンやシャープペンシルはあまりお勧めできません。

ボールペンは紙にインクが付着してしまうリスクがありますし、シャープペンシルは細すぎて適切な大きさの穴を開けることが難しいです。

代用品を使う際は、以下の点に注意してください。

注意点

先端の危険性に注意

千枚通しやキリ、鉛筆、箸など、先端が尖っている道具を使う際は注意が必要です。特に力を入れすぎると、鉛筆の芯が折れて飛び出したり、誤って自分や他人を傷つける恐れがあります。

一度で開かない場合は他の手段を

穴を開ける際、一回でうまくいかないことがあります。箸やドライバーのように先端が丸い道具は、すぐに穴が開かないことも。何度も試すと紙が傷んだり破れることがあるので、上手くいかなければ他の道具を試しましょう。

代用品使用時の限界を理解

これらの方法は、穴あけパンチがない時の代用として有用ですが、穴のサイズや位置が不均一になることや、紙が傷んだり破れるリスクがあります。

特に重要な書類や保存が必要な紙、他人に見せる可能性があるものは、安全な穴あけパンチを使うことをお勧めします。穴あけパンチは100円ショップでも手に入り、価格も手頃です。

まとめ

千枚通し、キリ、彫刻刀などは代用として有効ですが、完璧な穴は期待できません。

鉛筆、箸、プラスドライバーでも穴は開けられますが、仕上がりは不均一です。

カッターナイフを使えば穴を開けることは可能ですが、時間がかかります。

使用時は自分や他人を傷つけないよう注意しましょう。

穴が開かない場合は、他の代用品を試すことで紙を綺麗に保てます。

重要な書類や紙は、穴あけパンチで処理することが最善です。

タイトルとURLをコピーしました